アーカイブ:2016年 5月

  • 発達をうながす乳幼児の一日の過ごし方

    長男ハルが産まれた当初、赤ちゃんは勝手に育つものだとばかり思って、ほったらかし子育てをしていたんです。 乳幼児は、適切な生活をしなければ、そうでない子も発達障害のように育っていきます。 発達障害の子供にはもっての他です、その道を確立していくようなものだったのです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 発達障害の子供に怒らない禅の作法

    怒らない禅の作法という本を読みました。他ならぬ発達障害の息子に怒らないためですが、いくら本を読んでも、日々の怒りから解放されない自分の不甲斐なさに嫌気がさしている現実。指示をすると返事をするものの、気が逸れつづけるハル。5回以上になってくると、母も口調に苛立が滲んできます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 発達障害の子供の歯医者、歯の治療は大パニック!

    障害者歯科があることをあとで知りました。発達障害の子供を、普通の歯科治療にいかせるなんて拷問ですね。感覚過敏なのですから、とんでもなく恐ろしい目に合わせてしまったのですね。虫歯治療は、なかなか難しいことです。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト

療育ブログ

■100%マム

娘は少し発達に課題がある。常に前向きで明るく、よく笑い、よく泣き、よく怒り、実に美しい生き物だと思う…

 

ページ上部へ戻る