アーカイブ:2015年 7月

  • 発達障害の子供をもつ父親の葛藤

    ADHDの子供をもつ親は 1日中子供を怒ってることが多いようです。 我が家もまさにそう。 怒らずにはとてもいれません。 だって1日中、いらんことをするんですから!   …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5歳の子がほふく前進300メートル

    ドーマンプログラムで  ハルが最近苦手になってきた腹這い。     大人なんてとてもできるもんじゃありません。  ほふく前進300メートルだなんて!  本場のドーマン法なら 最低達成距離は、腹這い1キロはしなければなりま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 発達障害の子は、人の気持ちが理解しづらい

    今のハルの問題点は 空気が読めないとこでしょうか 冗談で 叩きあいになっても 引き際がわからない 他人を叩いたりしても 謝るものの謝るということの本質を 理解していないので無限に繰り返…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 夏は生命が輝くように、発達障害の子も輝く

    夏、真っ盛りの今 ハルは、命を得た木々や夏の生き物たちのように 輝いています。 保育園の毎日のプールがはじまってから 毎年、ハルは命を得ます。 プールは、発達障害の子に大きな力を与えるようで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドーマン法 プログラム更新の日

    昨日、ハルは1日3時間のドーマン法の プログラムの更新に行ってきました。 先生は、全国を飛び回る忙しさのため 所要時間2時間ほどで、 ハルと面接してプログラムを 組み立ててくれました。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 緘黙症 かんもくしょう

    かんもくしょうの定義は 家では普通に喋るのに 集団生活や第三者とは話せなくなる発達障害ということです ハルも第三者の前では喋らず 極めておとなしいのですが 言語能力も健常児より劣るからでしょ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 水泳は発達障害の子の神経をつなぐ

    健常児にも幼児期の水泳が推奨されているように 発達障害の子供の水泳は、 まだ形成されきっていない 不安定な神経回路をつなぐ役割を してくれるそうです。 そして、泳ぐことができるようになれ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 体操教室に通いはじめる

    ハルを体操教室に行かせてみました。   きっかけは ドーマン法の前転と横転を連続してやらせると ハルの脳の淀みがすっきりして、 健全なもう一人のハルが出て来てくれることから 一筋の光が見えたのです。   集団がダメ、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 5歳の息子 もうすぐ脳は臨界期

    5歳のハルは、6歳になる瞬間までに 臨界期を迎えます。 幼児は5歳半に爆発的に成長をするのですが ハルにとっては今年の夏なので その機会を多いに与えてやらねばと 試行錯誤を繰り返しています。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト
ページ上部へ戻る