アーカイブ:2015年 6月

  • 発達障害の早期療育

    発達障害は、妊娠中または出産時におこると言われています。 お母さんのお腹の中で事故にあったような ものなので、産まれてから幼児までの間の 療育が大きな回復や、軽症化につながるといいます。 脳卒中を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 第一子が発達障害で、2人目を考えた時

    発達障害だと診断されたのは、2歳3か月の時 ハルが発達障害だと診断されたのは2歳3か月の時、ADHD(注意欠陥多動性障害)の可能性だと言われました。 そして現在は、こだわりの強さもプラスされて広汎性発達障害。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脳にはすぐにご褒美を

    ここ2〜3日のハルは荒れ模様でした。 これまでのご褒美で ランニングの後の、ガチャガチャのガムを 買うことを中止した後、 いつもそこの前を通るのに 透明の球体に入ってるガムが少なくなるのを …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 発達障害の子には成功体験を積ませる

    負けること  やってみてできないこと 難しいことがひどく苦手なハル ちょっと難しいことをやってみて できなければ 二度とやらなかったり ひどくすねたりで 取り組みが苦手だったハルも ドーマン法を始めてか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 発達障害の子供のための砂糖の代替品

    発達障害の子供に、 砂糖を使ったパンやお菓子などの糖質の摂取による、 急な血糖値上昇は、かなりの負担です。 ハルは興奮、多動、衝動が発症しますから。 子供はかわいいですから ついつい喜ばせた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドーマン法と保育園・幼稚園の両立

    ハルは、重度の障害ではないので ドーマン法だけの生活をしていません。 しかし、毎日のプログラムをこなせない時期が 家族の病気だったりで出てきます。 プログラムをこなせなくなると ハルの障害は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 頭蓋仙骨療法の効果と危険性

    ハルに頭蓋仙骨療法で起こった奇跡は 前に記事で紹介しましたが その危険性についても記述したいと思います。 頭蓋仙骨療法を家庭でできるように youtubeなどで動画が流れているのを見て 私は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • グルテン(小麦粉)とカゼイン(牛乳)の除去

    発達障害の子に、 小麦と牛乳は著しいダメージを与えるそうです。    それは、ハルの和食以外の食べ物を食べたときの  急変する様子で、すぐに合致しました。   ほとんどの発達障害の子が、それに当てはまるそうです。 発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドーマン法を始めて一年の効果

    ハルも五歳の年長さんです。 小学校へあがるまでのタイミリミットは あと10か月。 ハルの土台をできるだけ足場の良い 脳にしてあげなくてはなりません。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ドーマン法 実践への心得 効果その2

    4歳の頃は、わけも分からず 親に言われれば、プログラムは やるもんだと思っていたハル。 5歳になってから、 いろんな角度から呼びかけても 難しくなってきました。 &…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト

療育ブログ

■100%マム

娘は少し発達に課題がある。常に前向きで明るく、よく笑い、よく泣き、よく怒り、実に美しい生き物だと思う…

 

ページ上部へ戻る