1月1日くらいは、ランニング休んだっていいんでない?と

思ったのだけど、年間で考えると、病気なんかで1カ月は休んでいるのです。

そんなに休んでいるのかーなんて考えると、元旦だからって

休んでられないって思い直し(本人の意志は無視ですが)

初ランニングへ。

サッカーランニング

1年程前だと、サッカードリブルしながらのランニングは

途中で放棄だったので断念していたのですが

大晦日からサッカードリブルランニングをしてみると、

走ることだけに集中しなくていいので、楽しんでやっていました。

 

家族のためのプログラム

発達障害の子に限らず、子供も大人も、意味のないことには集中できない

ものです。

ハルにとっての意味とは、楽しいかどうかだけです。

ハルが走らなくなったときに、家族総出で出動すると、

楽しんでランニングするようになったので、

それを機に家族でランニングするようになりました。

家族みんなが同じ方向に向かっていないと、ハルの集中力は落ち、

またそれは家族のためにもならないわけで、

家族みんなの願いであるハルの成長は、家族みんなでやらないと

ハルに伝わってしまうのです。

そしてやる気のないエネルギーは未来までも作ってしまうので

ハルだけがやるプログラムではなく、家族のプログラムになりました。


おしまい

おすすめ記事のPick Up


ランキングに参加しています☆
良かったらクリックお願いします( ´艸`)


発達障がい児育児ランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト

療育ブログ

■100%マム

娘は少し発達に課題がある。常に前向きで明るく、よく笑い、よく泣き、よく怒り、実に美しい生き物だと思う…

 

ページ上部へ戻る