【最新科学】脳を鍛えるには運動しかない!








皆さん、こんにちは。今日もわたしたちのブログをご覧くださり、ありがとうございます。(*^o^*)

正常化されていく息子ハル

脳は6歳で臨界期を迎えるとされていますが、小学校1年生のハルは、今の時期めざましい発達を遂げています

小学2年生からドーマン法をはじめた脳性麻痺のお子さんなども、立派な社会人になっていますから、遅くはじめたお子さんもまだまだ成長するのですね。

ただ、ドーマン法は、頻度、強度、継続度ですから、発達もそれに比例します。

息子ハルは、本格的なドーマン法ではなく、隙間時間でやる、1日3時間程度ですから、それなりの成長です。


でも、それ以上に当たり前の人間とのふれあいが、ハルをぐんぐん成長させています。

ドーマン法という土・水・太陽があり、人間とのふれあいは肥料や受粉にかかせない虫たちといったところでしょうか。

最近の息子ハル

母が、何か作業をしているハルに、次のプログラムをさせようと声をかけた時です。

「今、宿題やってるから待って。待つ事も仕事やで。」といってきました。

こりゃ一本とられた感じです。

そして、以前のハルなら、かんしゃくを起こすであろう場面。

あっくんのひらがなマシーンをハルが手伝ってあげてたのですが、

間違って押してしまい、「ブー」と間違いを知らせるブザーがなり

あっくんが泣き出しました。

その時の対応は、、、


「ちょっと、間違えただけやろ〜」と冷静沈着ぶりです。

それから、危険を取り除くこともしてくれます。

あっくんが、どこからか、カッターナイフをもちだして、刃を出したまま床に放り出していたのです。

それを一番にみつけたハルは、、、


「誰!こんなとこに、カッターおいたの!危ないやろ!」と言って

すぐに片付けてくれました。

とても頼もしいハルです。

そんなハルにしてくれたのは、運動にほかなりません。

今日、こんなタイトルの本を見つけました。

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方

この本のタイトルこそハルの結果です。

 


おしまい

おすすめ記事のPick Up


ランキングに参加しています☆
良かったらクリックお願いします( ´艸`)


発達障がい児育児ランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト
ページ上部へ戻る