発達障害理解のための基礎と実践講座








発達障害理解のための基礎と実践講座

発達障害のある児童・生徒はどこでつまづくのか、どうかわるのか

という内容の基礎・実践講座が開催されるようです。

発達障害理解のための基礎と実践講座

テーマ:「発達障害のある児童・生徒はどこでつまずくのか、どうかかわるのか」
~寸劇を通して学ぶ、発達障害の子どもへのかかわり方~
主催:国際ロータリー第2680地区社会奉仕委員会
後援:兵庫県・兵庫県教育委員会・神戸市・神戸市教育委員会
講師:竹田契一氏(大阪教育大学名誉教授、大阪医科大学LDセンター顧問)
寸劇:日本インテリアル研究会スタッフ有志
日時:平成29年1月21日(土曜)13:30~16:30(受付13:00~)
場所:神戸芸術センター「芸術劇場」(神戸市中央区熊内橋通7-1-13)
受講料:無料
問合せ:078-671-7065 社会福祉法人光朔会オリンピア

 

神戸ですので、お近くにお住まいの方は必見ですね。

療育界でも実力のある竹田契一さんが講師です。

竹田契一さんのような数少ない実力派の方の実践講座は

そこらへんの療育機関では得られないものがあります。

 

竹田契一さんの書かれている「安心支援ガイド」は、納得の一冊です。

まだご覧になっていない方は療育書の中でも指折りのガイド本です。

 


おしまい

おすすめ記事のPick Up


ランキングに参加しています☆
良かったらクリックお願いします( ´艸`)


発達障がい児育児ランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト

療育ブログ

■100%マム

娘は少し発達に課題がある。常に前向きで明るく、よく笑い、よく泣き、よく怒り、実に美しい生き物だと思う…

 

ページ上部へ戻る