【発達障害】学校側との交渉術






小学校を入学する前に、校長先生に相談に行った

ハルが小学校を入学する前に、校長先生に相談に行った時のことです。

ハルが怒られ続けたりするのが苦手なので、控えめにして欲しいとお願いしました。

ハルは集団生活もごく普通にしますし、学校側の手をわずらわせることはないので、怒るのだけ怒りすぎないで欲しいと伝えました。

すると隣にいた教頭が『特別なことをするなら、特別支援にいってほしい』と容赦ないことを言われました。

怒りすぎないで欲しい、これがそんなに難しいこと?と当時は失望させられました。

やはりハルを守ってあげられるのは私だけなんだと、さらに肝をすえたことを覚えています。

それから一年、一年生の担任の女性の先生は、飴とムチの上手い使い方で、ハルはとても良い社会性を身につけました

二年生になるまえに、できればまた 穏やかな女性の先生にしてもらえないかと校長に相談にいくつもりでした。

でも前回の事があるので 校長へ相談する前に、

近所の同じ発達障害の息子の悩みをかかえて、修羅場を乗り越えて、立派な高校生の息子さんを育てた先輩ママさんに相談しました。

 

 

すると、考えてもみなかった答えが返ってきました。

「自分の欲求ばかり言いにいってもダメ」

普通学級でやっていきたいのなら、いろいろな事を想定して覚悟がなきゃダメ

それが普通学級だから。」

「そして、校長先生にいくら言ったってマニュアル的な答えでNOと言われるんだから、

感謝の気持ちだけ伝えなさい。」

 

私は普通学級へいって、少しくらいサポートしてもらうことを当たり前に考えていました。

でも、先輩ママの言う通りです。

 

普通学級へいくことに、覚悟をしたことがなかったのです。

 

何かあったら、改善案を先生に相談なんて、おこがましいことしか考えていなかったのかもしれません。

 

 

そう考えると、気持ちがすっと楽になり、普通学級を選択するということがどういう事なのか理解をすることができました。

 

いざ校長室へ

校長との面談には、夫も連れていきました。

特に夫から何か発言する訳ではなかったのですが、夫婦そろっての方が重みがあると感じました。

 

そして、ただただ1年間、成長させてもらったという感謝の意を伝えました。

 

そして、「女性の穏やかな先生になったらいいなという希望はありますが、学校という集団の中でやっていく以上、覚悟をしなければいけないなとこの1年考えました。先生方には1年間、こんなにもハルを成長させてもらって感謝の気持ちだけです。」

という感じで伝えました。

 

校長も教頭も終始穏やかな表情で面談は終えました。

 

二年生の担任

そして、二年生。

蓋を明けてみると、私たち夫婦の願いが届いたのでしょうか!

 

新任の女性の先生で、これまで特別支援学級を受け持っていた先生なのだそうです。

 

 

面談をしてみると、普通の先生が、勉強を重点に置いてるのに対し、支援学級の視点で

普通学級にもいる弱い子たちを守る気持ち、思いやる心のあるクラスにしたいという志しをもって、着任したそうです。

 

なぜ、そんな風に弱者の立場にたって考えれるのか、そんな思いをしなければ

目指さないのではないかと思い、

「先生は、どうしてそんな弱い立場の子供達を守る仕事につかれたんでしょうか?いつも、養護学校や、福祉や看護の職につく方を尊敬してしまうんです。環境が目指すきっかけになったとかあるのでしょうか?」と聞くと

 

「そうですね。環境です。」とはっきり応えられました。

 

 

そうですよね。自分で痛みを知らなければ、他人の痛みもわからないという事ですね。

 

私もできるならハルが落ち着いたら、何か発達障害の子供たちに支援できないだろうかと思ったりします。

 

 

また出産の時、看護師の看護の深さに感動して、看護師になりたいと強く思ったこともありました。

 

今回の学校の配慮に感謝して、ハルを家庭でもサポートして、ハルの2年生を支えていきたいですね。













おしまい

おすすめ記事のPick Up


ランキングに参加しています☆
良かったらクリックお願いします( ´艸`)


発達障がい児育児ランキングへ


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • T
    • 2017年 4月 24日

    ブログとても参考にさせていただいております。
    とても励まされ嬉しく思います。
    ありがとうございます。
    もしよろしければ
    ドーマン法を御指導していただいている
    先生の御連絡先を教えていただくことは
    可能でしょうか?
    もしそうしていただけましたらとても
    大変ありがたく思います。
    藁をもすがる思いです。
    どうぞよろしくお願いします。

    兵庫県西宮市 高山

  1. この記事へのトラックバックはありません。

息子の発達障害を少しでも改善するために、奮闘する母ちゃん。ADHDをベースに自閉症も若干、上乗りしている様子★親をこんなに成長させてくれる濃厚な子育てがあるかしら!?

★ 登場人物 ★

ナレーション:母ちゃん 母ちゃんイラスト

<主人公 ハル 7歳.小学2年>

発達に遅れあり(広汎性発達障害)。注意欠陥だけど、好きな事への集中はすごい。

母ちゃんハルイラスト


<あっくん 現在4歳>

ハルの弟。定型発達児。ハルの発達のキーパーソンでもあるのだけど、環境要因を受け、心のケアを要している。

あっくんイラスト


<おとうちゃん>

ハルからは一番の友達のような位置づけ。おもしろ父ちゃん。

おとうちゃんイラスト
ページ上部へ戻る